ホロスコープの二区分とは?|行動に現れる性別傾向【西洋占星術】

アイキャッチ-二区分
  • URLをコピーしました!

こんにちは、Meiです。今回はホロスコープの二区分についてまとめて行きます。それぞれの性別が持つ「役割」という考え方も学んでいきましょう。

ホロスコープを初めて作るという方は「ホロスコープの作り方|初心者でも今すぐ簡単に読む方法」という記事を読んでみて下さいね。

目次

二区分とは?

挿絵-はてな

星座は陽(男性宮)陰(女性宮)を交互に割り振られています。

挿絵-二区分

「男性」「女性」というと、見た目でだいたいわかる「生物学上の性別」を思い浮かべる方も多いと思いますが、実は誰でも内側には「男性らしさ」と「女性らしさ」のふたつを持ち合わせています。

惑星たちが「陰陽どちらの性質の星座なのか?」を分類して、あるホロスコープの「らしさ」の傾向を分析できるのが『二区分』です。

陽の欠点を陰が補い、陰の欠点を陽が補う、というような関係になっています。

挿絵-男性宮女性宮

陽(男性宮)グループの性質

物事に対して主体的、能動的に取り組み、周囲に働きかける役割を持つのが陽(男性宮)グループす。

「何か変化を起こしたい、もっと発展したい」という気持ちが強く、自分の考えを積極的に発信して現状を変えようとします。

「みんなでひとつの目的に向かおう!」と指揮するの主人公のイメージです。

男性的、主観的、能動的、論理的、外交的、左脳的

陰(女性宮)グループの性質

物事に対して受動的に関わろうとし、他人の考えを受け止める役割を持つのが陰(女性宮)グループです。

「状態を維持したい、将来に備えたい」という気持ちが強く、自分の考えは胸に秘め、変化にも消極的です。

「あなたの言うとおりにしましょう」と主人公に同意するヒロインのイメージです。

女性的、客観的、受動的、直感的、内向的、右脳的

二区分の計算方法

挿絵-ひらめき

スターナビゲーターさんでホロスコープを作るか、手動で「陽のグループ」と「陰のグループ」それぞれの星座に乗っている惑星を点数にして足していきます。

おひつじ座、ふたご座、しし座、てんびん座、みずがめ座、いて座
おうし座、かに座、おとめ座、さそり座、やぎ座、うお座

「太陽・月・ASC・MC」はホロスコープへの影響がとても強いので+5点、「水星・金星・火星」も影響が強いため+3点、「木星・土星」は影響が弱いので+2点、「天王星・海王星・冥王星」からの影響はかなり弱いので+1点として点数計算をします。

+5太陽、月、ASC、MC
+3水星、金星、火星
+2木星、土星
+1天王星、海王星、冥王星

陽グループの点が高いと男性的、陰グループの点が高いと女性的な性質を持ちやすくなります。だいたい半々の場合はどちらの性質もバランス良く持つ中性的なタイプです。

総合点が低くても「太陽・月・ASC・MC」のあるグループはホロスコープの中で特別な意味を持ちます。それらの惑星や感受点(ASC・MC)の星座が持つ陰陽の考え方が、人生で躓いたときに状況を変える鍵になるかもしれませんね。

ハウスで見る陰陽

挿絵-注目

奇数ハウスを陽、偶数ハウスを陰として「自分らしさが出やすい惑星」がどちらのハウスにあるかチェックすると、主張するタイプか聞き上手なタイプか、そのホロスコープの持ち主に向いているコミュニケーションの方法がわかります。

ホロスコープ全体を通して目立つ惑星や現在の年齢域の惑星、女性の方は金星、男性の方は火星など、今の自分らしい惑星がどのハウスにいるか調べてみましょう。

なんとなく人生がしっくりこない原因が「主張したいのに無理に受け止める方に回っていた」ことにあった、またはその反対をしていた。そんな発見があるかも知れません。

まとめ

挿絵-ハート
  • 二区分とは?
  • 陰陽それぞれのグループの性質
  • 二区分の計算方法

特に東洋の占術の考え方では「体も陰陽の偏りに合わせた性別に生まれてくることが多い」ようですが、女性らしい男性や男性らしい女性、LGBTなどのように、あえて体の性別と心の性別をずらした設計を選んで生まれてくることもあります。

僕は陰陽が綺麗に半々で、その上で自分の性別をどちらとも定め切れないのでLGBTの中からQ(クエスチョニング)という性別を選んで生きています。

性別がズレていたり曖昧な状態に善悪はなく、ただ何か意味があってこういう状態なのだと思います。

もしもこの記事を読んでいるみなさんの中に「自分の性別の在り方」に悩んでいるという方がいらっしゃれば、僕と同じように「意味を見つける」に考えをシフトしていくと、自分らしくのびのびと生きるためのヒントが見つかるかもしれません。

人間には一人ひとり綺麗にハマる場所が必ずあります。心を整えつつ、焦らず着実に自分に合う環境を探して行きましょう。

アイキャッチ-二区分

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

お友だちに気づきをシェアしよう♡
  • URLをコピーしました!
目次